都内でもデリヘルで有名な鶯谷エリアですが、現在の鶯谷駅の周辺では店舗型の風俗店がない状態になります。ほぼ無店舗型のデリエル店しかないのが現状ですが、かつての鶯谷駅周辺では風俗街があったのはつい70年前ほどの事になります。戦後間もない日本は上野に出稼ぎに来る労働者が多く、上野や大塚で宿場を探す労働者で溢れていました。上野や大塚で宿場を抑えることができなかった労働者のために鶯谷駅周辺で宿場町が栄えて、鶯谷にも大奥の労働者が寝泊まりしにくるようになりました。やがて上野での仕事も減ってきたタイミングで鶯谷で宿舎を借りる人も少なくなってきた時に「連れ込み宿」という現代で言うラブホテルのようなお店が乱立するようになってきたのです。その連れ込み宿が発展して現代の鶯谷駅周辺のラブホテル街へと変貌していったのです。あくまで仮説ですが、連れ込み宿が流行った時期に売春婦を連れ込みそこで行為に至っており、まだ風俗店という概念がなかった時期ですので個人で稼ぐ売春婦が鶯谷に溢れていたのかもしれません。戦後間もない頃から鶯谷駅の周辺では連れ込み宿が栄えており、現代でもラブホテルとして形が残っているので風営法の改正が施工される前までは鶯谷のラブホテルを利用して売春婦が身体を売って営んでいたのかもしれません。鶯谷では街自体に風俗に関する歴史があり、街の文化ともなっているのではないでしょうか。ではなぜ、鶯谷駅周辺ではソープや、ファッションヘルス等の店舗型風俗店がないのかと言うと店舗型風俗店は許認可制となっているそうです。鶯谷周辺では店舗型風俗店の許可は降りておらず、鶯谷駅周辺で風俗店を開店したくても開店出来ない現状なのです。その理由としてはもしかすると、鶯谷駅周辺のラブホテル街の産業を揺るがさないためではないかと考えられます。鶯谷駅のラブホテル街は言わば鶯谷駅の歴史そのものなので、シンボル的なものが脅かされる状態は避けたいと思うのが街の意向ではないでしょうか。仮に店舗型風俗店が開店したり、増えたりしてしまうとラブホテル利用客の数が減少してしまいます。ですので、敢えてラブホテルなどのプレイルームを利用しなければならない無店舗型風俗店のデリヘルが増えてきたのではないでしょうか。

鶯谷のデリヘル・人妻風俗【華恋人~カレント】

数多くのブランドやブティックが立ち並ぶ銀座。老若男女問わず憧れる土地です。バーやクラブの値段は目玉が飛び出てしまうような価格ですし、他の街とはもはや別世界です。それはデリヘルも似たような部分があり、銀…>>続きを読む

有名な風俗嬢っているじゃないですか。ホームページでも大きく扱われていたり、ポータルサイトのみならず風俗情報誌でも表紙を飾るなど。一昔前は「フードル」なんて言葉もありましたけど、アイドル並のルックスを誇…>>続きを読む

鶯谷駅周辺では霊園や寺院が多い街として、古き良き町並みを維持している奥ゆかしい街でありますが、駅を降りてすぐの所にラブホテル街があり、鶯谷の街の中でも非常に目立っているシンボルのような佇まいで存在して…>>続きを読む