平社員で薄給の自分にとってみれば、月に1度、給料日に五反田の風俗に行くことが楽しみになっています。普通の会社と同じように、自分の勤め先は25日が給料日なので、仕事が終わった瞬間にATMに駆け込んでお金を下ろします。結局、次の給料日前になるとカツカツになっていることは目に見えているのですが、給料が入っているこの瞬間は嬉しいものです。下ろしたお金のうち、1万円が五反田の風俗で遊ぶ時の軍資金です。大体は店舗型で安いお店に行って楽しんでいますが、ギリギリお釣りが来る程度で楽しんでいます。考えてみれば、1万円あったら下手した1ヶ月の食費にもなってしまうと思ったりもしますが、こうやってパーッとお金が入った時に遊ぶことによって、次の給料日がやってくるまでの間持ちこたえられている気がするのです。だから五反田の風俗は自分にとって救世主のような存在ですね。何と言っても、風俗で1万円で遊ぶとなると若干物足りなさをどうしても感じてしまいがちですが、都内の中でも五反田は有名な風俗がたくさんありますし、芸能人もお忍びで訪れているぐらいですから、そのレベルはお墨付きだと思えます。それなりにお金を稼いだ人であってもわざわざ五反田の風俗に通うわけですから、いかに風俗を楽しんでいる人からの評判・知名度が高いかが分かるというものです。もっと高いサービスを経験してみたいと思えばいくらでもどうにでもなる訳ですから、それだけ評価もされているということですね。その実力の通りではありますが、今日会った女の子のレベルはピカイチでした。自分にはもったいないぐらい可愛い女性がやってきてくれたので、最初は目も合わせられないぐらいでした。でもそういう所も含めてフォローをしてくれて、プレイへと誘って来てくれるのはさすがだなと思います。どんな美女であっても、無愛想な感じで接して来たら全く楽しむことが出来ませんからね。そういうプレイで無い限り。会社で平社員の自分にとってみれば、この瞬間が一番癒やされている瞬間ですし、これがあるからこそ、一ヶ月間頑張れるとも言えます。もちろん、たまにはちょっと外れかなという女性がやってくることもありますが、今まで五反田の風俗で遊んで来て、トータルで考えてみた時には、当たりの割合は8割ぐらいかなと思いますね。4ヶ月に1回ぐらいしか好みじゃない感じの女性がやってくることはありませんでしたし、愛想が悪い訳ではありませんでしたので、普通に楽しい時間を過ごすことが出来ました。自分からしてみたら、一生懸命頑張ってサービスをしてくれている女の子を不躾に扱うようなことは絶対に出来ませんし、そういうことをされてしまったら悲しくなってできるサービスもできなくなってしまうと思います。こうした様々な所から総合的に考えてみても、五反田の風俗は自分にとってマッチしていると思えますし、これからもずっと利用して行くと思います。
五反田 風俗【マリンサプライズ】

東京に出張があり、日帰りできるのに泊まってきていい、という会社からご褒美がもらえたので、風俗に行くことにしました。今回はその時の話です。出張といったら風俗じゃないですか?行ったことない地方の風俗も良い…>>続きを読む

都内に引っ越してきてまだ会社の同僚とも馴染めずに、一人でいることが多かった時期に自宅の近くにあった大塚のピンサロをよく利用していました。そこで見かけた可愛い女の子をいつも指名していたんですが、いつのま…>>続きを読む

うれしい悲鳴というのかわかりませんが、とにかく今回のメンズエステの女の子に出会って自分の性欲は見事に発散できたと思います。ふつうの人間としてはかなり刺激が強いと思いますので、確実に気持ちの良い時間をし…>>続きを読む

ソープに行って女の子の下半身を見る度に思うことがあるのですが、パイパンって一昔前はとっても珍しいものだったと思うんですよ。でも、今ではテレビに出ているタレントでさえパイパンだと広言しているじゃないです…>>続きを読む