茨城県といえば県の魅力ランキングが最下位を連続で記録していることで有名で、テレビ番組などにもよく取り上げられています。その中で良く話題となるのが、茨城県人の方言です。話をしていると「~だっぺ」といったような語尾がいかにも田舎臭いと感じるという人もいれば、なんだか可愛らしいと思う人もいると思います。自分の場合は後者で、方言を話す女の子をデリヘルで呼んでイチャイチャしてみたいと思っていたのでした。そんな中でたまたま茨城県のつくば市に出張が入ることになったので、思わずガッツポーズをしてしまいましたね。泊りがけの出張ということもあって、もう間違いなくデリヘルを呼ぶしかないと思い、ホテルを予約すると同時にデリヘル店探しを物色しました。ただ、正直なところを言うと、デリヘルは風俗のジャンルの中ではちょっと高いイメージがあったので、安い店舗型の風俗店なんかの方がいいかなと思ったのですが、残念なことにつくば市には店舗型のお店がなかったので、結局デリヘルを選ぶことにしました。でもまあ茨城弁を話す女の子とイチャイチャとプレイできるのであれば多少の出費はいとわない気分だったのです。そうして出張当日、早々に仕事を終わらせて夕方にはつくばの駅近くにあるホテルにチェックインし、あらかじめ目星をつけていたデリヘルに電話して女の子を呼びました。つくばはデリヘルがそこまで多い方ではないものの、店舗のレベルはそこそこ高い方のようでしたし、傾向としてはかわいい系の女の子がたくさん在籍しているようでした。そのため特に指名なんかする必要もないかなと思ってフリーでお願いをしたのですが、やってきた女の子は割と普通の喋り方をしていました。茨城弁を期待した自分は若干がっかりとしてしまったのですが、プレイの方はかなりエロくて、ちょっと見た目が幼い雰囲気があったのにも関わらず、想像以上に激しいプレイをしてきたのであっという間にイかされてしまいました。プレイ後に一緒にシャワーを浴びている時に適当に雑談をしたのですが、彼女はつくば育ちの女子大生で、純粋な茨城人ではあるのですが、つくばに住んでいる若者はほとんど訛っていることはないということでした。もう少し北の方のお店で遊んだら、茨城弁をばりばり話す女の子にも出会えるかも知れないということらしいです。せっかく出張でやってきたのに残念な気分になってしまいましたが、普段以上にエロい女の子に当たったのでまあまあ満足出来ましたし、次にもしも出張が入った場合にはつくばよりも北の方のデリヘルで遊んでみようかなと思います。
茨城/デリヘル『つくば風俗エキスプレス ヌキ坂46』

有名な風俗嬢っているじゃないですか。ホームページでも大きく扱われていたり、ポータルサイトのみならず風俗情報誌でも表紙を飾るなど。一昔前は「フードル」なんて言葉もありましたけど、アイドル並のルックスを誇…>>続きを読む

都内でもデリヘルで有名な鶯谷エリアですが、現在の鶯谷駅の周辺では店舗型の風俗店がない状態になります。ほぼ無店舗型のデリエル店しかないのが現状ですが、かつての鶯谷駅周辺では風俗街があったのはつい70年前…>>続きを読む

交際クラブ/デートクラブという業界が世の中には存在していますが、実際にどういうものなのかを簡潔に言葉にすると割と単純です。早い話『セフレ作り』や『愛人作り』ができるサービスを売りにしたお店です。しかし…>>続きを読む

男性が交際クラブに入会する場合に、何故ほとんどの店舗ではホテルのロビーなどに誘導されてしまうのか不思議に感じたことがある人も多いでしょう。まず、どうしてホテルのロビーなのかというと一言で言ってしまうと…>>続きを読む