交際クラブ/デートクラブという業界が世の中には存在していますが、実際にどういうものなのかを簡潔に言葉にすると割と単純です。早い話『セフレ作り』や『愛人作り』ができるサービスを売りにしたお店です。しかし、同業界の場合は前者の言葉は使うことは殆どないかもしれません。言葉自体の意味は大差のないものにはなるでしょうが、業界自体は遥か昔から存在しているものですから、時代の流行り言葉は合わないものですし、富裕層に見合う言葉でなければいけませんので、昔から合言葉のように『愛人』という言葉を使っている場面が多いわけです。ですので、交際クラブ/デートクラブと同じ意味として『愛人クラブ』もまた同じ意味として使われていました。現在では殆ど聞きませんが、昔から慣れ親しんできた利用者からすると今でも使っている言葉かもしれません。しかし、言葉のチョイス一つで意味合いが変わるものでイメージが違ってきますよね。「交際クラブ」のような呼称では、知らない人が聞くと全く分かりません。なかなか実態を連想させるものではないでしょう。「愛人クラブ」は直接的すぎるので「デートクラブ」の方がイメージが湧きやすいでしょう。このような流れで様々な言葉が使われてきたのではないかと考えられます。それもこれも全ては男性寄りなのか女性寄りなのかで使用する機会が違ってきそうです。とはいえ、基本的には女性にとってのイメージ戦略的なものがあってのことです。条例などで使われているのはデートクラブですが、直接的に避けられてしまうリスクを排除した結果が『交際クラブ』という言葉の選択だったのでしょう。もちろん、可能ならば「お食事クラブ」でも「出会いクラブ」でも「交友クラブ」でもなんでも良いわけですね。というわけで、現在使われている言葉としては何の深い意味も持たない『交際クラブ』なんですよね。この言葉に落ち着いたものなんだか納得できてしまいます。インターネットが普及してきた現在では調べれば意味はすぐわかってしまいます。そこ起こり得る悪いイメージをできるだけ無いようにした結果のような気がします。昔は人伝てのみでしたが、今ではネットでしか出会えない言葉です。時代によっても出会うシーンが違うものまた面白いものですね。
パパ活 LABO

男性が交際クラブに入会する場合に、何故ほとんどの店舗ではホテルのロビーなどに誘導されてしまうのか不思議に感じたことがある人も多いでしょう。まず、どうしてホテルのロビーなのかというと一言で言ってしまうと…>>続きを読む

男性が交際クラブに入会する場合に、何故ほとんどの店舗ではホテルのロビーなどに誘導されてしまうのか不思議に感じたことがある人も多いでしょう。まず、どうしてホテルのロビーなのかというと一言で言ってしまうと…>>続きを読む

茨城県といえば県の魅力ランキングが最下位を連続で記録していることで有名で、テレビ番組などにもよく取り上げられています。その中で良く話題となるのが、茨城県人の方言です。話をしていると「~だっぺ」といった…>>続きを読む