赤ちゃんが産まれると家族でお祝いをします。成長を祝い、健康を祈る毎年行われる行事の一つです。女の子は3月3日(ひなまつり)、男の子は5月5日(こどもの日)に行います。生まれてから初めて迎える節句を「初節句」と呼びます。男の子は鎧兜や五月人形、こいのぼりなどを飾り、女の子は雛人形を飾るのが一般的です。そして祖父母などと家族で膳を囲みお祝いをします。兜や雛人形は、昔は妻の祖父母が贈るというといわれていますが、現代は特に決まりもなく、どちらの祖父母が贈っても良いとされてきています。お祝いの方法は、その時々で変化していくこともあるので、両家で決めていくのが良いでしょう。

託児所では、年間行事などいろいろ行われています。5月に行う「端午の節句」は男の子のお祝いするものとして定着しています。保育園や託児所では、子供たちがこいのぼりを作って壁に飾りつけたり、「こいのぼり」の歌を歌ったり、こどもの日を題材にした絵本を読み聞かせたりしています。お祝いに柏餅やちまきを食べる習慣もあります。その日の給食に出てくるかもしれませんね。このように節句のお祝いは、誕生日やクリスマスの次に盛り上がるお祝いの一つです。普段お忙しいママたちがおうちでお祝いできなくても、託児所では年間行事としてお祝いいたします。子どもたちが元気に育ってくれるよう、祈りをこめて楽しい一日にしたいですね。

初節句やお誕生日会、遠足など、年間行事というのはいろいろあり、小さいお子さんにも体験させてあげたいですよね。ですが、普段忙しい働くママにとっては子供と一緒に過ごしたくても過ごせなくて、申し訳ない気持ちになることもあるかもしれません。風俗で働くということは、夜は家にはいないというのが普通でしょう。なかなか時間を作りたくても難しい現実があります。そんなママに、託児所に預けることで、お祝いや通例行事に参加できるというのはメリットになるのではないでしょうか。安心してお仕事をするためにも、子供を預かってくれる託児所の存在は、とてもありがたいものだと思います。ということは、夜は家にはいないというのが普通でしょう。なかなか時間を作りたくても難しい現実があります。そんなママに、託児所に預けることで、お祝いや通例行事に参加できるというのはメリットになるのではないでしょうか。安心してお仕事をするためにも、子供を預かってくれる託児所の存在はとてもありがたいものかもしれません。

託児所ありの風俗店【ハイパーエボリューション】

風俗で働き始めてから託児ができる所があるというのを知ったのですが、メリットもデメリットも色々とあるなと思いました。託児ができることを売りにしている風俗が最近は増えて来ているので、女性のことを良く考えて…>>続きを読む

風俗でも一般のお仕事でも誰もが重要視することはお給料/お金でしょう。ただでさえ多く貰えてしまう風俗業で、何故そこまでお金にこだわってしまうのでしょうか。単純に働き手がガメついだけなのかと思いきや、冷静…>>続きを読む

茨城県といえば県の魅力ランキングが最下位を連続で記録していることで有名で、テレビ番組などにもよく取り上げられています。その中で良く話題となるのが、茨城県人の方言です。話をしていると「~だっぺ」といった…>>続きを読む

私は今年の2月から短期で3週間ほど出稼ぎで四国の某所で働いていました。出稼ぎの経験はなく、デリヘル等の風俗業界で働いたことなんてありませんでした。最初は不安な事だらけで問合せするのも躊躇してて聞きたい…>>続きを読む