世にある風俗エステ店というものは、基本的に他の風俗店とは違っていて何かしらの自分から楽しむという意味合いの性的サービスを受けられるものとは若干の違いが生まれるものです。他の風俗は実際にサービスを受ける様をマジマジと見ながら視覚的にも楽しむことが出来る部分が多く、楽しみ方の満足度やモチベーションというものが違います、風俗エステの場合、サービスの中身のほとんどはメンズエステ(エステティックサロン)ですので、基本的にサービスの受け方は受け身です。楽しみ方(気持ち良くなる)というベクトルも若干違っています。一般的な風俗は性的な意味合いが全面に出てくるのに対して、風俗エステの場合は全ての時間を通して全身をケアするマッサージ的行為が大半となります。要するに、風俗エステは風俗であっても性的プレイは最後の一瞬ですので、そこまでの気分の高揚感を含めての風俗プレイなのかもしれません。とはいっても、実際のマッサージ・ドキドキ感や高揚感・実際の性的行為、といった3種類の楽しみ方(気持ちよさ)を考えると、『性的サービスが含まれる業種なので風俗である事には変わりがないが、風俗といえるような直接的な行為は一瞬だけなので、それを風俗店として認識するべきなのか?』という疑問も生まれます。ちなみに風俗エステといっても、全てのコースやサービスに必ず性的行為が含まれるわけではありません。あくまでも性的なサービスを含む可能性があるということで風俗の業種のなかにカテゴライズされているだけであり、利用者の希望があればいっおあん的なエステティックサロンのようなマッサージサービスのみとしてもらうことも可能なのです。つまり、全てにおいて普通のやましいことのない健全なお店としての立ち振る舞いも可能である為、風俗エステと呼ばれるよりはメンズエステと呼称されることもある訳です。混乱してしまうのが、利用者の要望次第では風俗店にもなるしそうでない状況にもなる訳なので、結果的にたくさんのメンズエステ店が同じような様々な種類の利用者を受け入れるスタンスを取っていることで、風俗店と非風俗店の違いが分かりづらいものとなってきてしまっているのです。そもそも論ですが、これらの違いをより明確に言葉として指す(差別化をする)ことが出来ないために、このような世間の認識へと変わっていってしまった風潮があります。元来、風俗エステ店というものはある種のファッションヘルスのジャンルに含まれる路面店として存在していました。しかし、出張派遣ができる世の中になってしまうと、実店舗を構えての風俗エステの需要はなくなっていきました。これにより、より実態のある明確な風俗エステという認識が薄れていってしまったのが現代のメンズエステのジャンルの混乱を生む流れにもなったと考えられるでしょう。
五反田 風俗エステマッサージ [イマジン東京]

ナンバーワンになりたいと言って色々と努力をしている風俗嬢に川崎で出会うことが出来ました。半端じゃないテクニックを披露してくれますので毎回最高な快感を得ることが出来ます。確実に気持ちの良い時間をこのメン…>>続きを読む

横浜のメンズエステがあそこまで素晴らしい風俗だとは自分でもあんまり思っていませんでした。もちろんどんな風俗なのか何となくは分かっていましたけど、実際にメンズエステのお世話になってみて、これがメンズエス…>>続きを読む

風俗で遊ぶ際のポイントはいくつかありますけど、デリヘルで女の子を選んだ後、プレイ面で言えばやっぱり腰使いかなって。こちらを満足させるためのアクションとしての腰使いもあれば、こちらの行動を受けての腰使い…>>続きを読む

普通の女の子みたいなタイプが風俗嬢として働いていたとしたら結構リアルだとおもいませんか。自分自身が風俗を利用している時にはとにかく非現実を味わうのではなくて普段の延長線上というようにとらえて色んな女の…>>続きを読む