注目記事一覧

秋葉原にいるデリヘル嬢って特殊ですよね。普通に風俗が好きな人からすれば分かることですが、地域によっては働き手の女性の特色はガラっと変わります。そんなのお店のコンセプト次第じゃないかと思うかも知れません…>>続きを読む

都内に引っ越してきてまだ会社の同僚とも馴染めずに、一人でいることが多かった時期に自宅の近くにあった大塚のピンサロをよく利用していました。そこで見かけた可愛い女の子をいつも指名していたんですが、いつのま…>>続きを読む

メンズエステのお店って聞くと色んなジャンルがあると思いますが、性感のお店に私は行ってます。もうあからさまにエロいマッサージを色々としてくれるお店です。遠回しにエロい感じのメンズエステに行くと何だかじれ…>>続きを読む

五反田の風俗と言ったら

「五反田の風俗と言ったら」というテーマで始めせていただきますが、皆様は五反田の風俗と言ったら何を想像しますか?五反田は知る人ぞ知る風俗が盛んなエリアで、ニッチな風俗店が豊富な街で幅広いジャンルの店舗がございます。店舗型よりも無店舗型の方が多いので、街を見てみても風俗店はそこまで多くないのでは?と思ってしまいますが、無店舗型風俗店の方は非常に数が多く、噂では駅近くのラブホテルは風俗で利用している方がほとんどなんだとか…。JR五反田駅の改札を出て東口を出ると雑居ビルが目の前に建っていて一見、普通の街に見えますが雑居ビルを超えたあたりにすぐ風俗店があるのはご存じでしょうか。また店舗型風俗店が軒を並べて営業しており、ほとんどの店舗がピンクサロン(ピンサロ)なのです。数にして10店舗以上はありますでしょうか。ピンサロのような店舗型風俗店は街の中にございますので視覚的にも入ってきやすく、印象を受けやすくなります。そのためか私は「五反田の風俗と言ったら」ピンサロ、という回答になってしまうのです。五反田で無店舗型をよくご利用になる方は寧ろ、デリヘル等と答えるかも知れません。五反田のデリヘルはニッチなジャンルも多く、フェチ系もございますのでその手の風俗店が好きな方は五反田をよくご利用になられるかと思います。ですが、五反田にもエリアは小さいですが風俗街と呼べるエリアがございますので、少なくとも私のように五反田の風俗と言えばピンサロと答える方も少なくないのではないでしょうか。五反田の風俗街ですが、諸説ございますが昭和初期頃には芸者が集う旅館があったと言われております。その派生で花街ができ始め「風俗店」(当時は風俗店とは呼ばれていなかった)が五反田に生まれた起因と言われております。その名残で現在の五反田にも風俗店が存在しておりますので、なんだか感慨深いものがございます。現代では店舗型風俗店の開業は厳しくなっておりますが、昔の五反田は花街として風俗が栄えていたと想像すると風俗の肩身も狭くなってしまい少し寂しく思うところもございます。

キャストと1対1でじっくり楽しむのもよし、3回転コースで色んな女の子たちの身体を堪能するもよし、幅広いジャンルのキャストが在籍している五反田の風俗店です。名一杯、欲張って楽しんでしまいましょう。五反田 風俗【ハイパーエボリューション】

女性関係皆無の僕がソープで黒髪清楚女子と濃厚プレイをした話

今年の3月のことです。大学卒業を間近に控え、人生の夏休みとも称される大学生活への名残惜しさと、社会人という新たな門出に期待を募らせていました。そんな中、大学生として最後の思い出を作ろうと決心。大学ではサークルにも入らず、ボッチ学生として4年間過ごしてきた僕です。恥ずかしながら、思い出を一緒に作るような友達はおらず、彼女なんてもってのほか。だからこそ5年後、10年後に思い返せる大学の思い出の1つや2つくらい作りたいと思ったわけです。いろいろ悩みぬいた挙句たどり着いたのが、風俗の王様であるソープランド。今まで風俗どころか女性関係にも疎かった僕ですから、女性と深い関係になれる風俗は1つの夢でもありました。春から社会人という大人の階段をのぼる前に、アダルトな体験をしておくのも悪くないなと思い、ソープ体験を決断しました。初めてのソープということで絶対に失敗はしたくありません。少し奮発して料金設定が高めなお店を選択。黒髪清楚系のNちゃんを指名して、人が少なそうな早朝に予約を入れました。お店に到着すると、受付のボーイ(?)の人の丁寧さに驚愕。待合室までVIPのように案内してくれ、お茶とお手拭きを出してくれました。正直風俗って怖そうなイメージがありましたが、待合室の雰囲気は洒落た喫茶店みたいで、居心地がよかったです。お茶を飲んで気分を落ち着けていると、僕の受付ナンバーが呼ばれます。部屋の外には僕が指名したNちゃんがニコっと笑って立っていました。写真どおり小柄でかわいらしい清楚なお嬢様という感じです。「Nです。よろしくお願いします」と挨拶に、「あ、こちらこそ……」と戸惑っていると、手をそっと握ってくれてプレイルームまでエスコートしてくれます。部屋のベッドに腰をかけ、服を脱がしてくれるNちゃん。香水をつけているのか、いい香りが鼻をくすぐります。僕をくまなく洗体してくれたあと、ソープの代名詞であるマットプレイを体験。ローションでヌルヌルになった彼女の体がプニプニしていて、想像以上に気持ちよかったです。彼女がいる人からしたら、なんとも思わないのでしょうけど、個人的にはDKがかなり興奮しました。唇の柔らかさ、絡まる舌と唾液、間近で感じる女性の息遣い。キスってこんなに気持ちいいんだと感心するほどです。浴槽でヌルヌルの体を洗い流します。一緒にNちゃんも入ってくれて、「緊張しなくていいですからね」と優しく気遣ってくれました。ローションを洗い流し、ベッドでプレイ続行。ずっと勃ちっぱなしだったムスコを、Nちゃんはゆっくりと吸い上げるように口でしてくれます。グポグポと卑猥な音がさらに興奮をかきたて、ムスコの膨張を促しました。その後もクンニ、69をプレイし、Nちゃんの全身を味わい尽くします。徐々に声が荒々しくなるNちゃん。悶える姿が愛おしく、僕もかなり激しく責めてしまいました。今となってはもう少し紳士的にすればよかったかなと感じましたが、あのときはほとんど理性を失っていたように思います。ひたすら本能のままにNちゃんを求めていました。ベッドで絡み合うような濃厚プレイでお互いの体は汗だく状態。慣れない手つきながらも、無事にフィニッシュを迎えることができました。「緊張していたのに、頑張ってくれてうれしかったです。また遊びましょ!」と、笑顔で渡してくれた名刺は大切な宝物です。僕はすでに社会人として懸命に働いていますが、今年中に必ずNちゃんに会いに行きます。大学生活の最後に、最高の思い出が作れてよかったです。

ぽっちゃりとした女性ならではの柔らかい身体に心を預けて見ませんか?やさしさを感じながら、初心者も安心の川崎の風俗店で、濃厚な時間をぜひお過ごしください。川崎ソープの巨乳ぽっちゃり風俗【美巨乳ソープ 愛】

準備中

準備中